感謝してもしきれない

スポンサーリンク


 

2018年6月22日 18:40

百均のアルバイトから帰って来た。
うつ病で退職してから、ずっとこの店舗に派遣されているので、なんとなく思い入れが強くなる。

ここのパワフルなスタッフには精神的にも助けられている。

 

ノートに日記を書き始めて大分経つ気がするが、まだ一週間程度なのだ。
病気が一番ひどかった頃も、大昔のような気がするが、それもそれほど時間は経っていない。

悪くなったのも良くなったのも一瞬だった。

周りの環境に助けられている。本当に自分はラッキーだ。

 

帰宅したらすぐに資格の勉強をしている。

正社員になることからとりあえず逃げているような、後ろめたい気もする。
一方、新しい全く違う環境で仕事をしようとしていることにワクワクもしている。

 

本当にありがたいことに妻も理解してくれている。
十月に出産を控えているのに、迷惑と苦労をかけっぱなしだ。申し訳なさすぎる。

試験の合格発表は12月。受験料は約1万円。
妻に話すと「落ちたら一か月昼飯抜き」と冗談で言われる。

 

 

 


そういえば、今日知らない携帯電話から電話があった。
電話に出ると、前の職場に出入りしていた保険屋の人だった。
退職した人の電話番号を勝手に教えるとか、本当にモラルもコンプライアンスもない会社だ。