読書記録

スポンサーリンク

 

 

 

2018年11月17日 1:00

 

吾輩は猫である」を読破。
最初の方は難解で挫折しそうになったが、なんとか最後まで読み切った。

読み応えがあり達成感がある。

明日からは宮本輝先生の「夢見通りの人々」を読む予定。