「働きやすい」会社って

スポンサーリンク


 

2018年6月15日 1:10

眠れない夜だ。
やっぱり正社員じゃないと、大人としてだめなのか。
正社員以外の生き方、非正規雇用者はだめなのか。

そういう自分だって、うつ病になる前は、非正規雇用者を心の中で若干見下していたような気もする。
責任を負わない、頑張れない人間だと。

自分が馬鹿にしておきながら、いざ自分がそういう立場になったらこんな疑問をもつなんて、本当に身勝手な性格だ。

「自分がその立場にならないと、その立場の苦しみなんてわからないのだ。」と自分に言い訳をしてみる。


今までの長くもない人生を振り返ってみる。
前々職のアルバイト時代(後に正社員になった)が一番楽しかった。
楽しかったし、楽だった。

その後、そこの職場で運も良く認められて、正社員になったが、人間関係で辞めてしまった。(これに関しては、周りと上手くやれなかった自分にも責任が大いにある。)

次に転職した職場も正社員で働いたが、うつ病になって、それがバレた次の日にクビになった。

その時は、正社員は安定しているなんて嘘だと思った。(労基とかにいけば一か月分の給与とか貰えたのかもしれないが、そんな気力がなかった。)

 

そこの所長は悪い意味で体育会系だった。

飲み会で別の部署の課長の頭に接着剤をかけて喜んだり、とにかく酒癖が悪い人だった。

そして僕が一番堪えられなかったのが、妻との夜の生活をしつこく聞いてくるところだった。
これだけは気持ち悪く、ここでずっと働くのかと思うと、心の調子がどんどんと悪くなった。

※今(2019年6月)思えば訴えたら勝てた事がたくさんありそうだが、その時はもう二度とこの会社や所長に関わりたくもなかったのだ。

 

でも、やっぱり正社員の方が賞与とか、福利厚生が充実しているのは事実だ。
一番いいのは、正社員で働きやすい会社に入る事だろうけど、働きやすさってなんだろう。

働きやすさはきっと人それぞれだ。

自分にとっての働きやすさや、自分が何を大事にしているのか。自分の価値観を見直さない限り、永遠に「働きやすい」会社には入れない気がしてきた。