CMに追いつめられる人

スポンサーリンク


2018年6月15日 0:18

何気ない日常会話で、妻に「本が好きなら書店でアルバイトしたら。」と言われた。

正直かなり衝撃だった。これから出産を迎える妻だ。
旦那に社員でなくてもいい。とりあえず、アルバイトでもいい。と言うのは正直かなり勇気のいることだろう。

また、出産を迎えようとしている妻の横で、自分の事だけで手一杯な自分のことを不甲斐なく改めて思った。

とりあえず、まずは求人を調べてみよう。と、書店の求人を調べてみたが、中々正社員の募集は無い。


調べている時にあるCMが耳に入る。
そのCMは、やりたい事が見つかったのであろう男性が、目を輝かせながら「俺、正社員になるから!」と母親に電話している内容だ。

正社員への道を一旦は見送って、療養を優先し、アルバイトをしようとしている自分の事がますます惨めに思えた。

多少無理をしてでも、正社員にこだわるべきなのだろうか。
年齢的にそろそろまずい。というのは百も承知なのだが、また精神的につぶれたら、今度は立ち直れる自信がない。

とりあえず、正社員登用制度があるところにアルバイトで入って、周りから認められるくらいに頑張って、正社員を目指してみようか…

CMやブログなどを含めた作品は、受け取り側の立場によってそれぞれ捉え方が違う。当たり前のことに改めて気づかされた。
やはり、「人間太郎」は閉鎖して正解だった。